トップページ > 里親募集中の子達 > 子猫ちゃんをさがす(1歳未満) > 【里親様決まりました】6月生まれの子猫ちゃん

【里親様決まりました】6月生まれの子猫ちゃん


【里親様決まりました。ありがとうございます。】

保護日時:6月21日早朝
保護場所:自宅庭の軒先
保護の詳細経緯:後述

体長:約16cm(片手の手のひらに乗るくらい)
体重:166g(保護時 150g)
体温:35.7〜37.3

目:ほぼ開くが半分は膜でまだ見えていない様子
耳:形は小さく中の穴はまだ開いていない様子
手足:変形や骨折なくよく動き力も入る
爪:全てあり小さな針のように出ている
尾:真っ直ぐ長い
毛:ふわふわの産毛でややカールしている
色:全体にグレー単色で顔から首のあたりは濃い色
歯:まだ全く生えていない

日齢:推定ではありますが、以上の事実から生後おそらく9日目くらいかなと思います。
性別:不明ですが、尿道口と肛門が離れている気がして男の子のように思います。

所感:幸い総じて健康かと思います。

保護後の態様:大きなプラ製たらいにジップロックを使った簡易湯たんぽを置き、その上に膝掛けや衣類など敷物を敷いて保温すると共に、買ってきた粉ミルクと哺乳瓶で栄養を与えています。はじめは衰弱しており、鳴き声も出ない子でミルクを受け付けませんでしたが、幸い現在はよく飲み、尿も沢山出ます。ただ、まだ便は出ていません。1日の殆どを寝ていますが、起きた時は盛んに鳴いて指に吸い付いたりします。

保護の詳細経緯:深夜0時15分頃、激しく大雨の降る中かすかに軒先から子猫の鳴き声が聞こえた気がしたため、少し雨が小降りになるのを待って同45分頃そっと外に出て恐る恐る様子を見に行きました。
すると懐中電灯に照らされた成猫(白猫)が驚いて 飛び出し、走って逃げ去りました。見ると手のひらに乗るほどの子猫が二匹がいて、一匹は段ボールの上にしがみつき、もう一匹ははずみで落ちたのか段ボールの下で雨粒を浴びていました。私も動転しましたが、咄嗟に新しい段ボールを出して小さな毛布を敷き、二匹を中に入れ、雨風を避ける形で開口部が横になるよう現場に置いて対処しました。
その後、部屋の灯りを消して窓越しに見ていると、2時30分頃になって去った白猫が戻ってきて、恐る恐る段ボールに近づき、中で寄り添って寝ている子猫を確認〜しばらく見ていましたが、そのまま何処かに行ってしまいました。
更に観察を続けると、3時30分頃になって猫が現れましたが、なんと白黒の違う猫であり驚きました。そして、その際に鳴き始めた子猫(段ボールにしがみついてた子)をくわえて立ち去ってしまったので、困惑したものの、ここは父親と思い、また迎えに来ることを期待していました。
しかし、明け方になっても一向に現れず、放置すると命の危険も否定出来なかったことから、悩んだ末、6時頃に保護した経緯です。
尚、その後は録画機能付きWEBカメラを窓に置いた次第ですが、記録を確認したところ、何れかの成猫が迎えに来た形跡はありませんでした。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 広島犬猫里親募集の会 All Rights Reserved.